Music Studio 藍の代表「堀谷 佳子」の紹介ページです。

代表紹介

代表紹介

ごあいさつ

Music Studio藍のホームページへようこそ。

私がリトミックに出会ったのは、大学に入ってからでした。
リトミックがどういうものなのかも知らないまま、入学し、そしてリトミックのトリコになりました。

授業を受けていくうちに、これぞ私の大好きな世界!と思いました。身体全部で音楽を感じ、表現し、しみこませていく。全ての感覚が研ぎ澄まされていく。そんな感覚でした。

子供の頃、母は、絵本を読み聞かせてくれる時に、その中に出てきた詩に即興的にメロディーをつけて歌ってくれました。そして私に音楽絵本を与えてくれました。「シンデレラ」や「ピーターと狼」など物語と音楽と絵が一体となったそれを私は大好きで、毎日のように読み、聴いていました。
小学生の時にはピンクレディの曲を耳コピしてピアノで弾いて遊び、フォーク・ソングやニュー・ミュージックと呼ばれた音楽に夢中になっていました。中学で「ウエストサイド物語」を観てダンスと物語と映像と音楽にたまらなく魅了されました。

私にとって、音楽にジャンルの垣根はありません。

音楽が小さな子供さんにとっては、楽しいものであり、自由なものであり、自己表現の場であり、友達とつながる場であって欲しいと思っています。

そして、大人の方は、ご自分の好きな音楽を好きなように楽しめるように、シニアの方には、歌を歌うことで深い呼吸を促したり、音楽に合わせて無理のない動きをすることで、健康つくりのサポートのお役に立ちたいと思っております。

「音楽教室」ではなく、「Music Studio」としたのは、「生徒の皆さんと一緒に音楽を作る場」にしたいと思ったからです。そして「藍(らん)」は「従藍而青(じゅうらんにしょう)」という言葉から取りました。
「青は藍より出でて藍より青し」という意味です。糸を青く染めるのに染料の藍に浸しますが、繰り返し染めていくと、もとの染料の藍よりも鮮やかな青になるといいます。

Music Studio藍の門をたたいてくださった皆さんが、私を越えてそれぞれの音楽の楽しみ方を発見し、人生をより豊かに楽しんでいただけたら嬉しいな。そういう気持ちからつけた名前です。

音楽で人と人がつながる空間を作りたい・・・

Music Studio 藍
代表:堀谷 佳子

経歴

神奈川県出身。3歳よりヴァイオリンを、4歳からピアノを習う。
小学校4年生よりピアノ、ソルフェージュ、楽典を小澤敏明氏に師事。
君津高校卒業後、国立音楽大学音楽学部教育音楽科Ⅱ類(リトミック)に進学。
そこで出会ったリトミックに魅了され、卒業後、民音音楽教室リトミック教室で勉強を続ける。
ダルクローズジャパン・リトミックスクール修了。
ロンジー音楽学校、カーネギーメロン大学リトミック研究センターで研鑽を積み、同センターにて国際サーティフィケイト免許取得。
現在、Music Studio 藍主宰。菜の花コンサート(ピアノ&リトミック発表会)を毎年開催。
カルチャー君津では1歳~大人までのリトミッククラスを担当。
ピアチェーレ音楽教室ソルフェージュ講師の他、幼稚園、保育園でのリトミック講師を務める。
また、リトミックを取り入れた参加型コンサートの開催、各研修等で活動中。
音楽療法的にリトミックを応用し、高齢者向けの音楽プログラムを実施する
ミュージック・ファシリテーターとして活動を始めている。
リトミックを酒井徹氏、宮良愛子氏他に師事。
日本ジャック=ダルクローズ協会会員。